元ブライダル雑誌編集長が主宰、開業ウエディング業界専門の広告代理店として30年以上の実績を持つ企業の結婚相談所

ロックビレッジ婚活サロン
COLUMN
コラム
コラム

ご縁のチャンスを逃さないで!

絶対に幸せな結婚をしたい…あなたはそんな夢と希望を抱いて婚活をはじめたはずです。さて、結婚の相手候補が目の前にいます。そのお相手を選ぶか、選ばないか…。この人と結婚したら幸せになれるのだろうか? 決断が迫られたときにそのチャンスの波を上手に掴んで幸せになれるかどうか、もっと別の良い人がいるのではないだろうか…? 婚活をしていると一度はこんな風に悩む人も少なくないはずです。

考えてみると人生は決断の連続です。結婚に限ったことではありません。仕事でビッグチャンスが訪れたとき、そのチャンスの波にのるかどうか、いや、失敗したくないからこのままでいい…なのか。

婚活を取り組んでいる皆様には「今がチャンスだ!」と思えるその時をしっかりと捉えて最高の幸せを掴んでほしいと思います。今回は、そのチャンスを逃さないためにはどうしたらよいかを一緒に考えてみましょう。

チャンスを逃してしまう人の特徴とは

「チャンスの神様は前髪しかない」という言葉を聞いたことあるかと思います。原文は残ってないようですが、古くはラテン語のことわざのようです。チャンスは前髪しかないので、向かってくるときに捕まえなければならない。通りすぎて慌てて捕えようとしても、後ろ髪がないから掴むことができない。要は「チャンスは一瞬しかない」「来たチャンスを逃すな」ということなのですね。

「あっチャンスを逃してしまった。残念…」と、おそらく誰もが経験したことあるかと思いますが、チャンスを逃してしまう人の特徴をまとめてみました。

「次があるから」と目の前のご縁を大切にしない人

「まだ次があるから大丈夫」と一つひとつの出会いを大切にしないでお手軽に考えている人はチャンスを逃しやすくなります。確かに一つのご縁が終わったとき、また次に進めるのが結婚相談所の婚活のシステムになっていますので今回、もしご縁がなかったとしてもまた別のチャンスは訪れます。しかし、同じチャンスがまためぐってくることはほぼないです。つまり、「次があるから」と今ある目の前のご縁を大切にしない人を、チャンスの神様は見放してしまうかもしれません。

今はまだちょっと早くて決められないと言う人

「まだ出会ったばかりだし、早くて決められない」となどと言い訳を言って、せっかくのチャンスを逃す人がいます。ではいつだったら良いのでしょうか。婚活は短期勝負なのです。めぐってきたチャンスを活かすも逃すもあなた次第です。

目の前のチャンスに気付けない人

目の前に素晴らしいご縁のチャンスが訪れたとき、「チャンスだ!」と気付く人もいれば、残念ながら気付かない人もいます。チャンスに気付けた人は、積極的に行動して、幸せを手に入れていきますが、チャンスに気付けない人は、「どうして婚活がうまくいかないんだろう」と文句ばかり。目の前にいる人の良いところに気付くことができないのでは、チャンスはなかなか訪れてきません。

素晴らしいご縁のチャンスを掴むために

行動力がある

さて、ここからは、訪れるチャンスを逃さないためにはどうしたらよいか、考えてみましょう。

まず、チャンスを上手に掴む人の多くは行動力があります。婚活でなくても例えば、「今度食事しましょう」と話が出たら、すぐに日程やレストランを決めてあっという間に段取りをします。仮に日程調整が少し難航しても、あれこれ悩むことなく、多少のトラブルにも動じず、機転を利かせて上手にまとめます。

婚活も同じです。行動力のある人は、お見合いの日程候補など、相談所とのやりとりも素早く対応し、仮交際になったら、今度はデートの約束など、積極的にプランを立てます。もしわからないことがあったら、カウンセラーに相談するなど、自分が今何をしたらよいのかを常に考えて頭のなかをクリアにして行動しているので、チャンスが訪れたときも見逃すことなく、確実に成婚を掴むことができるのです。

優先順位がはっきりとしている

婚活のなかでも大切なことが「優先順位」です。理想や条件がたくさんあっても、すべての望みが叶うことはほぼありません。となると自分のなかで優先順位をつけておかなくてはなりません。

自分にとって何が大切で、どんな結婚生活を送りたいのか。そのために絶対に譲れないことを絞り、それ以外については条件を緩めるなどして、条件に幅をもたせて、自分のなかで優先順位をつけておくなどの心の整理が必要です。

そうしておくことで、チャンスが訪れたとき、自分にとっての最良の判断ができるようになるはずです。

人の良いところ探しをする

目の前のチャンスに気が付かない人の多くは、人の良いところよりも欠点を探す傾向にあります。すべて完璧に揃う人なんていません。まずは、その人の良いところを見つけることからはじめてみましょう。

十人十色、どんな人にも必ず長所はある、と信じてまずは良い人間関係を築こうとする気持ちが大切です。相手の良いところを探し、尊重することであなた自身の人間力も高まるはず。そうすることで必ず素晴らしいご縁のチャンスが訪れてくるはずです。

決断力がある

婚活に限らず、チャンスを掴む、成功する人は決断力があります。ビジネスの場面でも決断力が問われることがあると思いますが、当然、そこにはリスクも伴います。しかし、そんなリスクを恐れることなく、自分の決断を信じて成功するためにありとあらゆる手を尽くし、突き進んでビッグチャンスをものにしていくのです。

それは婚活でも同じです。一生のパートナーの結婚相手を決めるのですから、ビジネスと同じくらい難易度も高く、正しい判断力が問われます。

年収が高く、イケメンの素敵な男性からプロポーズされた女性が結婚に迷っています。「収入はよいけれど、有名企業じゃないから、不況になったら会社が危なくなって大変かも…」「イケメンは将来、浮気の心配があるかも…」と、マイナス要素を探しはじめたら、いつまでたっても結婚できません。

そうなんです。条件の良い人と結婚しても、お相手が病気になってしまうかもしれないし、何かトラブルに巻き込まれてしまうかもしれない…。心配していたらキリがないのです。誰もあなたの人生の保証はしてくれないし、幸せの確約もしてくれません。

しかし、あなたは自分で決めることができるのです。自分の決断を信じ、幸せになるためにありとあらゆる手を尽くし、誰よりも幸せな結婚生活を手に入れてみましょう。

まとめ 〜チャンスを確実に引き寄せるために〜

「チャンスは誰にでも平等にある」と言いますが、もし、せっかくのチャンスが目の前にきても、心の準備が出来てなければ、チャンスの神様はあっという間に過ぎ去ってしまいます。

そのためにも、自分がどんな結婚生活を送りたいのか、何を大切にしていきたいのか、自分の気持ちを整理して、そして夢を掴むために行動しましょう。そうして準備していると、チャンスが訪れたとき、確実に自分に引き寄せることができ、幸せな結婚を掴むことができるのです。

 

 

ロックビレッジ婚活サロンでは、結婚を真剣に考える方のために、当サロンを主宰する大屋優子がお見合いから成婚まで全力でサポートいたします。

オリジナル婚活マニュアルを無料で、下記より簡単にダウンロードいただけます。また初回無料相談も、お気軽にお申込みください。

オリジナル婚活マニュアル無料プレゼント!

●男性版
苦手意識を持っている男性が多い「LINE」の活用術を徹底解説しています。

男性版マニュアル


●女性版
誰からも好感を持たれる、モテジョ(女)になるための秘訣をご紹介しています。

女性版マニュアル

関連記事
コラム
#30代女性
お見合いは申し込まれようが、申し込もうが、アラサー女性は30分前に現地到着を

お見合いは申し込まれようが、申し込もうが、アラサー女性は30分前に現地到着を

お見合いの当日、アラサー女性は何分前に約束の場所に到着すれば良いでしょうか。1時間前に到着する必要はありませんが、最低でも30分前には、現地に到着することをおすすめしています。 お見合いはホテルのラウンジで開催されることが多い ...... 続きを読む

コラム
#40代女性
アラフォー女性の婚活が難しい理由

アラフォー女性の婚活が難しい理由

これまでもなんどもご紹介していますが、婚活市場においてモテる女性の条件は「若さ」であること。女性の年齢についてはデリケートなことですが、婚活の場合はまずは年齢ありきなのです。 理由は簡単。男性はいくつになっても自分の子供が欲しいものなのです。50代の男性が結婚...... 続きを読む

おすすめ記事
コラム
#おすすめ記事
【悩み多き婚活女性へ】(良い意味で)考えすぎないほうがうまくいく!?

【悩み多き婚活女性へ】(良い意味で)考えすぎないほうがうまくいく!?

結婚は一生に一度のことだから、何事もしっかりと、ちゃんと考えて行動しなくては…。真面目な人ほど、このように思ってしまうものです。何も考えずに勢いで結婚しちゃいなさい!とまでは言いませんが、考えすぎてチャンスを逃してしまうということもあります。今回は考えすぎて自分...... 続きを読む

コラム
#おすすめ記事
婚活でよく聞く「可もなく不可もない」出会いとは?

婚活でよく聞く「可もなく不可もない」出会いとは?

婚活をしている女性会員さんのなかで時々「今日のお見合い相手の男性、可もなく不可もなく…。でもなんか決め手に欠けるんですよね」と言う人がいます。まあ、その気持ちもわからなくもありません。決して悪い人ではないし、これといって嫌な気分になるわけでもない…...... 続きを読む