元ブライダル雑誌編集長が主宰、開業ウエディング業界専門の広告代理店として30年以上の実績を持つ企業の結婚相談所

ロックビレッジ婚活サロン
COLUMN
コラム
コラム

そのこだわりが結婚を遠ざけてしまう

「こだわりの強い人」というと、どのようなイメージを持ちますか? ちょっと頑固で融通がきかない人、強い意志をもって目標を達成する人…などと思い浮かべるかもしれませんね。

ちなみに「仕事へのこだわりの強い人」は、良いイメージ?それとも悪いイメージ?どちらが浮かびますか? 色々なとらえ方があるようで、「妥協しないで納得するまで追求する」という前向きな意味もあれば、「それほどのことでもないことに対して、必要以上に気にする」というちょっとネガティブな意味もあるようです。いずれにしてもこだわりの強い人の多くは真面目で一途な人が多いように感じます。

これを婚活に置き換えてみたらどうでしょうか。結婚は一生を左右する決断ですから、こだわりを持つのは当然ですが、こだわりが強すぎることが、婚活の妨げになることもあるようです。今回は、こだわりの強い人の婚活について考えてみようと思います。

こだわりが強すぎると婚活に影響する?

こだわりが強い人…面倒くさいと思われてしまう

婚活をするとき、お相手の理想像や描く結婚のイメージを持ち、活動をしているかと思います。結婚相談所で積極的に活動していれば、お見合いを組むことができ、その後、交際まで発展することはあっても、そこからなかなか結婚まで進展するのが難しいと感じるようです。うまくすすまない理由は様々ですが、その一つ「こだわりの強さ」が結婚を遠ざけてしまう人も少なくありません。

うまくいかない人たちのお話を聞いて感じるのは、今の生活のペースはほとんど変えたくないと思っています。例えば、趣味や友達との付き合い、1人の時間も大切にしたい…。つまり自分のこだわりです。それでいてお相手には多くを求めてしまうのです。自分の条件を受け入れてくれるお相手なら結婚してみたい、なんて思っているのです。

これを逆の立場で考えたらどうでしょうか。こだわりが強く、条件が細かすぎるお相手を紹介されたら、面倒くさい人…と思いませんか? こだわりを持つことは悪いことではありませんが、こだわりの強さはお相手からはよく思われることはありません。

こだわりを捨てて幸せな結婚を掴んだ男性の話

こだわりの強さが結婚を遠ざけている

ある男性会員(46歳、克男さん、仮名)の話です。克男さんは金融関係に勤める会社員で、年齢よりも若くみえる素敵な男性です。初婚の克男さんは自分の子供がほしいと思っていたので、当初は30代前半の女性を中心にアプローチしていたのですが、現実は厳しく、30代の女性は自分と同年代との結婚を望む人が多いのでなかなかマッチングしませんでした。

そんなとき38歳女性の有美さん(仮名)のほうからのお申し込みがありました。これはぜひともお見合いを受けてもらい、このご縁を大切にしてほしいと思っていたところ、克男さんからお断りがきました。理由は、金融関係の仕事に勤める彼は、同業者との結婚は避けたいと思っていて、有美さんも会社は違うものの金融系の会社に勤務していたのです。克男さん曰く、結婚して家庭の中まで仕事の話になりそうで、心休めないのがNGの理由だそうです。

子供は欲しい…46歳の克男さんにとってこれだけでもかなりのハードルなのに、そのうえ職業にまで条件を付けるとは、ますます結婚が遠ざかってしまいます。そこで克男さんには「ここまで婚活をしてきて、30代の女性とのお見合いが難しいと実感できたでしょう。この方、綺麗で優しそうじゃない。同じ業界だからこそ、あなたの仕事に理解をもってくれるかもしれないし、もし嫌だったらお断りすればいいんだから会うだけ会ってみましょうよ。」と説得して、克男さんも渋々ながら承知しました。

固定概念を取り払った途端に幸せな結婚へと繋がった

その後、克男さんは有美さんとお見合いをしてみたら、楽しく、会話も弾み、しかも二人とも好きなプロ野球チームが同じということもわかり、すっかりと意気投合! 二人で野球観戦デートに行ったりして、距離をどんどん近づけていました。

懸念していた同業者ということについては克男さん、次のように話しました。「最初は確かに同じ金融業界で、プライベートの時間まで仕事の話になりそうなのが嫌でした。でも有美さんは、基本的に仕事とプライベートのオンオフが出来ているし、僕が仕事で忙しい時は同業だからこその理解もある。あとは基本的な休みも一緒だから、デートの日程も決めやすかったです。有美さんと出会ったおかげで同業に対しての考え方が偏見だということに気が付きました」と照れくさそうに話してくれました。

こうして克男さんと有美さん、めでたく成婚退会しました。

こだわりが多すぎるとその分、結婚への道のりは遠くなります。だからといって妥協するということでなく、少しだけ考え方を変えてみることでパッと道は開けてくるものです。克男さんは、同業NGのこだわりを捨てて、有美さんとの出会いを大切に育てて、見事に結婚へと繋げることに成功したのです。

こだわりを押し付けるのではなく、お互いを認めることから

「こうでなくては絶対にダメ」と条件に固執してしまい、視野が狭くなってしまうと、その分のチャンスを逃してしまい、素敵な出会いが訪れてきません。あの人もダメ、この人もダメ、と自分のことは棚に上げて文句ばかり言っていませんか?「あっ、私もそうかも…」と思う人は一旦、自分の行動を振り返ってみたほうがよいかもしれませんね。

自分のこだわりをお相手に押し付けてしまうと、相手は引いてしまい、あなたから離れていってしまいます。結婚となると、これまで別々の環境で育った二人が同じ屋根の下で暮らすのですから、生活習慣やこだわり方の違いによるぶつかり合いがあるのは当然のこと。まずはその違いを認めあい、譲り合い、二人の新しいルールややり方を決めていきましょう。

まとめ 〜こだわりよりも柔軟性が大切〜

年齢を重ねてくると、嫌でも「自分」というものが確立されてきて、一つひとつのことに意味をもたせたり、こだわりをアピールしたくなるものです。例えば、今日着ている洋服ファッションだって、年齢を重ねてきたからこそのブランド選びだったり、着こなしだったりがあるはずです。それがこだわりというものです。

しかし、絶対にこのブランドでなくてはダメ、とこだわり続けるよりも、たまたま友人にすすめられて別のブランドの洋服を試してみたら、意外にも似合っていて新しい自分を発見することができたということもありますよね。そんな柔軟性はいくつ年を重ねても持っていたいものです。

柔軟性は婚活にもいえることです。絶対にこういう人でなくてはダメ、と強いこだわりを持っていたとしても、カウンセラーさんからの客観的なアドバイスを素直に受け入れて、自分の条件とは違う異性と会ってみたら良いご縁に繋がった、ということもあるのです。

 

 

ロックビレッジ婚活サロンでは、結婚を真剣に考える方のために、当サロンを主宰する大屋優子がお見合いから成婚まで全力でサポートいたします。

オリジナル婚活マニュアルを無料で、下記より簡単にダウンロードいただけます。また初回無料相談も、お気軽にお申込みください。

オリジナル婚活マニュアル無料プレゼント!

●男性版
苦手意識を持っている男性が多い「LINE」の活用術を徹底解説しています。

男性版マニュアル


●女性版
誰からも好感を持たれる、モテジョ(女)になるための秘訣をご紹介しています。

女性版マニュアル

関連記事
コラム
#おすすめ記事
結婚相手は減点法でなく、加点法で探す

結婚相手は減点法でなく、加点法で探す

婚活するうえで、どうしてもお相手のことを減点して評価してしまう「減点法」の婚活をする人がいます。背景には、結婚相手を探すために「マイナス要素は消していかなくてはならない」と思い、ついつい減点法になってしまうことが考えられます。 結婚相談所はまずは条件ありきでス...... 続きを読む

コラム
#おすすめ記事
お見合いの出会いで結婚の決め手がよくわからない時は

お見合いの出会いで結婚の決め手がよくわからない時は

結婚するのならやっぱり「恋愛結婚」が理想的。といっても最近は結婚相談所で結婚相手を探す人も増えてきました。実際に結婚相談所で婚活することを恥ずかしがらず、堂々と話しているのを見ると、結婚相談所のスタッフとしては嬉しく思います。 しかし、初対面のお見合いのその場...... 続きを読む

おすすめ記事
コラム
#おすすめ記事
良縁会認定2023年度賞を受賞いたしました!

良縁会認定2023年度賞を受賞いたしました!

皆様に嬉しいご報告です。 ロックビレッジ婚活サロンは、昨年に続き、良縁会認定2023年度の「優秀ビジネス賞」「優秀仲人賞」「成婚優秀賞」を受賞いたしました! このような素晴らしい賞をいただけることを大変嬉しく思います。また当サロンに期待して入会...... 続きを読む

コラム
#おすすめ記事
理想の男性像の変化について

理想の男性像の変化について

結婚相談所の婚活で男性に求められることについて少し考えてみましょう。 *今は男女平等の時代で、結婚後も女性は仕事を続けることが当たり前の世の中になっています。そのためもあって家事、育児は妻と二人で平等にやるべきであって、これらをお手伝い感覚でいると批判されるこ...... 続きを読む