元ブライダル雑誌編集長が主宰、開業ウエディング業界専門の広告代理店として30年以上の実績を持つ企業の結婚相談所

ロックビレッジ婚活サロン
COLUMN
コラム
コラム

【婚活女性へ】お見合いで男性に聞いても良い質問&NGな質問

婚活のお見合いの場では、聞いておくべき質問と反対にNGな質問があります。しかし、お見合いで男性にどこまで聞いて良いのかわからない。あるいは聞いてみたかったことを聞きそびれてしまった・・・。

お見合いは、話の流れで会話が発展していくものですから、それは当然のことですが、本来のお見合いの目的は、お互いの相性や価値観を確かめながら、結婚したいお相手であるかどうかを見極めることです。

そのためにもお相手の結婚観などについて具体的な質問をしたいけれど、あまり踏み込んでも失礼にあたってしまう・・・難しいところです。

今回は、次のステップに繋がるように、お見合いで聞いても良いこと、避けるべきことについてお話します。

お見合いで聞いても良い質問

お見合いの場では、お互いのプロフィールを知るうえで、初対面でも話しやすい「定番の質問」はおすすめです。具体例としては、趣味、仕事、休日の過ごし方、食の好みなどが王道です。

緊張をほぐし、和やかな雰囲気を作り出せるはずです。

趣味

お見合いの席で、話が盛り上がるのは、趣味や最近のマイブームについてです。とくに趣味はないなあ、という方でも好きな音楽や映画や、これまで感銘を受けた本などあるはずです。

話していくなかで、「私もその映画を観て感動しました」など、共通点が見つけられるといいですよね。

仕事

職業によっては、朝が早い、休みが不規則など、これからの結婚生活において、大事なライフサイクルに影響しますのでぜひ聞いておきましょう。また仕事の内容や働き方を知ることで、相手の人柄などの理解を深める意味でも大切です。

当然ながら、あなたの仕事についても話しておくと良いでしょう。

食の好み

食べ物の話は、異性との会話が苦手な方にも、比較的話しやすいのでおすすめです。好きな食べ物、苦手な食べ物を知れば、デートで出かけるお店を提案できます。

また、こんな料理が得意、など、会話が広がれば「家庭的な女性なんだな・・・」などと、好印象を与えられるかもしれません。

休日の過ごし方について

これまで休日の質問は、お見合いのときの鉄板トークの一つだったかもしれません。しかし、唐突に「休日は何していますか」の質問の仕方はしないほうがいいかもしれません。最近、少しずつ変化があるようです。

普通に仕事をしているほとんどの人たちが過ごす休日は、たまった家事やお掃除をする、あるいは録画しておいた映画やドラマを観る人もいて、必ずしも毎週のようにアクティブに華やかに外出している人ばかりではない、という話も聞きます。

コロナ禍になって、家時間に重点をおく人が増えているのかもしれませんね。

だからといって、休日について聞いてはいけないということではありません。今後のライフスタイルやお互いの相性を考えると知っておきたいですよね。

例えば「先日の休日、〇〇をして楽しかったです」など、まずは自己開示してから、自然に休日の話に流れをもっていくと、お相手の男性も心を開いて話してくれるかもしれません。

休日の話題に限ったことではありませんが、どの話題も自分のことを軽く話してから、「それで〇〇さんはどうですか?」と話をもっていくのも会話術の一つかもしれません。

 

うっかり聞きがち・・・でもNGな話題と質問

注意しなくてはならないのは、婚活の場で聞いてはいけない質問もあるということです。ついうっかり聞いてしまい、あなたの印象が悪くなることのないように気を付けましょう。

婚活状況

まずは、お相手の入っている結婚相談所の料金やシステムなど、また、お相手の現在の婚活状況などについて、一番気になるところですが、聞いてはいけません。

ひょっとして仮交際中の女性がいるかもしれない、あるいはこれからもお見合いの予定があるかもしれませんが、それはお互い様です。

収入や資産状況

お相手の経済状況は、結婚を決めるうえで重要なポイントになるところですが、男性がわからすると、収入や資産状況について直接的に聞かれることについて、気持ちよく思う男性はいないはずです。

男性の収入は、プロフィールに記載されていますので、最初の段階で、お金のことについて聞くのは、女性としての品位に欠ける行為ですので、控えるようにしょう。

過去の恋愛

恋愛は結婚の価値観について知ることは、将来の結婚相手を選ぶうえでとても大切なことです。しかし、お見合いのときに、つい踏み込みすぎて過去の恋愛について聞いたりするのは避けましょう。

お相手の体型や外見などについて

お相手の身体的な特徴について、自分では褒めているつもりでも、お相手が気にしている場合があります。

男性に「ガッチリした体格で素敵ですね」と伝えても、本人は太っていることを気にしているかもしれません。反対に「細身の方ですね」と伝えた場合、痩せていることがコンプレックスの男性には傷つく言葉になってしまいます。

体型に関する話題は、受け取るがわによって、良くも悪くもとられてしまいますので、お見合いの席で話題にするのはタブーです。

親や家族について

将来的はお相手の家族状況については、よく知っておかなくてはならないことですが、初対面のお見合いの席では話題にしないほうがいいでしょう。

もちろん、家族構成などについては話しても大丈夫ですが、同居や介護問題のプライベートなことについては、とてもデリケートです。もう少し交際を重ねてからでも遅くないので、お見合いの場では控えましょう。

会話を通じて婚活を楽しむことを心がけて

今回は、お見合いの席で「聞いて良い質問&NGな質問」ということでご紹介しましたが、せっかくの新しい出会いの場なのですから、本当に大切なのは、会話を通じて「婚活を楽しむ」ことがやはり一番です。

コツとしては「簡単に答えられる質問」からはじめてみましょう。あれを質問しなくては、聞いておかなければと質問が義務になってしまったら、プレッシャーになって、会話を楽しむことができません。

大切なのは「お相手のことを知りたい」という素直な気持ちです。そうした会話の積み重ねからお互いに「次に会いたい」「もっと先に進みたい」と繋がっていくはずです。

反対に自分が答えるときは「はい」「いいえ」だけで終わらせないように。「はい」「いいえ」だけだとそれだけで会話が終了してしまいます。

もし、そのときの会話の内容が自分の知らないことだとしても「知りません」で終わらせないで、「知らなかったけれど、とても興味深いお話でした。もっとその先が知りたいです」など、会話を膨らませるようにしましょう。

まとめ

お見合いの席で話が盛り上がるように、相手のプロフィールに記載されていることは、事前チェックをしっかりしておきましょう。女性がお見合いを楽しんでいることが相手の男性に伝われば、仮交際に繋がるはずです。

女性がニコニコと相槌を打っている姿は、非常に好感が持てますので、相手の話をしっかり聞いて、共感できる部分には、「すごいですね!さすがですね!素晴らしいですね・・・」などの言葉を使うと効果的です。

何より大事なのは、「会話を通じて婚活を楽しむこと」です。

ロックビレッジ婚活サロンでは、結婚を真剣に考える方のために、当サロンを主宰する大屋優子がお見合いから成婚まで全力でサポートいたします。

オリジナル婚活マニュアルを無料で、下記より簡単にダウンロードいただけます。また初回無料相談も、お気軽にお申込みください。

オリジナル婚活マニュアル無料プレゼント!

●男性版
苦手意識を持っている男性が多い「LINE」の活用術を徹底解説しています。

男性版マニュアル


●女性版
誰からも好感を持たれる、モテジョ(女)になるための秘訣をご紹介しています。

女性版マニュアル

関連記事
コラム
#お見合い
夕方以降のお見合いでお食事をご馳走したい婚活男性へ

夕方以降のお見合いでお食事をご馳走したい婚活男性へ

お見合いは、明るい昼間に組まれることが多いのですが、職業柄お互いの休みが合わず、やむなく仕事が終わってからの時間帯にお見合いが組まれる場合があります。お見合いの基本は、お茶なのですが、夕食の時間帯の場合、相手がお腹が空いていないか心配です。 ...... 続きを読む

コラム
#40代男性
失敗しない告白のタイミングと方法を覚えれば、アラフォー男性の婚活は成功する

失敗しない告白のタイミングと方法を覚えれば、アラフォー男性の婚活は成功する

お見合い相手と真剣交際に進むには、「告白」のタイミングと言葉選びはとても重要です。成功に導くための流れやシチュエーションがとても大切ということです。今回は、失敗しない真剣交際での告白のポイントをご紹介します。 告白のタイミングは重要! ...... 続きを読む

おすすめ記事
コラム
#おすすめ記事
良縁会認定2023年度賞を受賞いたしました!

良縁会認定2023年度賞を受賞いたしました!

皆様に嬉しいご報告です。 ロックビレッジ婚活サロンは、昨年に続き、良縁会認定2023年度の「優秀ビジネス賞」「優秀仲人賞」「成婚優秀賞」を受賞いたしました! このような素晴らしい賞をいただけることを大変嬉しく思います。また当サロンに期待して入会...... 続きを読む

コラム
#おすすめ記事
理想の男性像の変化について

理想の男性像の変化について

結婚相談所の婚活で男性に求められることについて少し考えてみましょう。 *今は男女平等の時代で、結婚後も女性は仕事を続けることが当たり前の世の中になっています。そのためもあって家事、育児は妻と二人で平等にやるべきであって、これらをお手伝い感覚でいると批判されるこ...... 続きを読む