元ブライダル雑誌編集長が主宰、開業ウエディング業界専門の広告代理店として30年以上の実績を持つ企業の結婚相談所

ロックビレッジ婚活サロン
COLUMN
コラム
コラム

仮交際中の理想的なデートの頻度は?

結婚相談所の活動の流れのなかで「仮交際期間」があります。真剣交際に入ると結婚が視野に入ってくるため、その前段階の仮交際期間をどう過ごすかはとても重要です。この期間中にお互いをよく知り、理解を深めるためにはマメにデートをすることが鍵になります。会って話をしなくては分かり合えないのですから当然のことですよね。しかし、LINEなどのやりとりやデートの頻度がよく分からず、ちょっとしたすれ違いが致命的になることがありますので、仮交際期間中のデートは慎重にすすめなくてはなりません。

婚活デートは最低でも週に1回が理想

新鮮な気持ちで楽しいデートができる

お見合い後、仮交際が成立したら、男性のほうから女性にファーストコールをすることになっています。そこでは、仮交際になったお礼の気持ちを伝えつつ、初デートの日程を決めることが多いです。理想はお見合いから1週間後くらいですが、仕事の関係で初デートが先になってしまうカップルも時々います。しかし、初デートが先になるのは正直、よくない傾向です。初デートが数週間も先になると人の気持ちってどんどん冷めてしまうものです。そうしたことを避けるためにも「週1デート」を推奨しています。

デートの頻度が上がると「先週、〇〇に行きたいって言っていたよね。近いうちに一緒に行ってみませんか?」と、会話が広がり、二人の仲が深まっていくきっかけになるものです。

結婚相談所は婚活期間が限られている

多くの結婚相談所では「3ヶ月ルール」というものがあり、結婚を前提に活動する会員どうしが3ヶ月を目安に結婚できるかを判断することになっています。※「3ヶ月ルール」の定義は結婚相談所によって若干異なります。

つまり、短期間婚活でお相手のことを理解するには、デートの頻度を上げていかなくてはなりません。結婚相談所はもともと結婚を意識した出会いなので、そのことを理解したうえで一回一回のデートを大切に、頻度を上げていくことを心がければ短期間で成婚することも可能になるのです。

ライバルの存在を忘れてはいけない

仮交際は複数交際が認められていますので、当然ながらライバルが存在します。もしあなたがデートよりも趣味や友人との約束を優先してしまったら…。その間にライバルに先を越されてしまうかもしれません。そんなことにならないためにも、お相手とはマメに連絡をとり、デートの予定を立てるようにしましょう。

積極的にデートに誘って、お相手に引かれてしまったらどうしよう…。そんな心配はご無用です。もし何度誘っても理由をつけて約束を先延ばしにするような人とはご縁がないものと割り切り、あなたのほうから見切りをつけて次のご縁にすすみましょう。

週1デートを実現させるために

デートで次回の約束もしてしまう

楽しくデートができたら、デート中に次の約束を取り付けましょう。その場で誘われたら、断る隙を与えないので、OKされる可能性が高くなるはずです。会って話をしている流れで「次は〇〇に行ってみましょう」などとデートプランをたてることもできます。もちろんライバルがいる場合、一歩リードができてライバル対策にもなります。

短い時間でも会うようにする

せっかくの週末なのに、二人の予定があわず、デートの約束ができない場合もときにはあるでしょう。そんな時は、例えば平日の仕事終わりに、軽い食事デートがおすすめです。食事する時間もとれない、となったら、ちょっと軽くお茶を飲むだけでもよいのです。大切なのは「少しの時間でも会ってお話をしたい」という気持ちなのです。そうした気持ちをお相手に見せること、またお相手からも同じ反応が見せてくれたらとても嬉しく感じるはずです。そうした積み重ねが二人の関係を築くことにもなるのです。

連絡はマメに取り合うように

直接会って話をするのが理想ですが、仕事を持っていると毎日というわけにはいきませんよね。そんなときはLINEや電話でマメに連絡をとるようにしましょう。ここで注意したいのはLINEの頻度についてです。人によってLINEが得意な人もいれば、苦手で何を送っていいか迷う人もいて人それぞれです。LINEの頻度に正解はなくてお互いのお付き合いのなかで決めていけばよいと思います。

しかし、会えないときのコミュニケーション手段なのは確かですし、やはり成婚までいくカップルの多くは毎日、高い頻度でLINEをしていると聞きますので、ぜひとも活用してみてください。ただし、LINEや電話はあくまでも補助的ツールであること。基本は会って話をすることが大切です。

週1デートが理想だけど状況によって柔軟に

成婚するために、とくに真剣交際に入る前の仮交際期間中のデートの頻度は週1回が理想ということでここまでご紹介してきましたが、思い通りにデートの予定が組めない場合もあるかと思います。お互いの理解を深めるには、やはり会って話をすることがベストですが、「週に1回デートをすれば必ず成婚できる」「デートができなかったら成婚できない」というものでもありません。会う頻度は二人のペースで決めればよいのです。

まとめ ~自然に「会いたい」という気持ちになれること~

カウンセラーにアドバイスで週1デートをするようにと言われて「デートをしなくては…」と義務感になってしまうことは気持ちのうえではよくないことです。

大切なのは、デートを実現するための前向きな行動力と、お互いを理解しようとする気持ちではないでしょうか。週1回のデートができなくても、LINEや電話で連絡をとりあったり、時間がとれなくて30分だけのお茶デートになっても「会いたい」と思って、その30分の時間をどうやって作り出そうか…という行動力と気持ちなのです。

 

オリジナル婚活マニュアルを無料で、下記より簡単にダウンロードいただけます。

オリジナル婚活マニュアル無料プレゼント!

●男性版
苦手意識を持っている男性が多い「LINE」の活用術を徹底解説しています。

男性版マニュアル


●女性版
誰からも好感を持たれる、モテジョ(女)になるための秘訣をご紹介しています。

女性版マニュアル

関連記事
コラム
#30代女性
婚活中、フェードアウトしたい相手に出会ったアラサー女性はどうすべきか?

婚活中、フェードアウトしたい相手に出会ったアラサー女性はどうすべきか?

お見合いし、交際が始まって、最初ののうちは楽しかったものの、数回デートしてみると、どうもこの人違う・・・連絡の頻度を減らして、このままいっそのことフェードアウトしたい・・・。 黙って、自然消滅・・・これはしてもよいことでしょうか? ...... 続きを読む

コラム
#おすすめ記事
お見合いで交際成立したのにデート日がなかなか決まらない…

お見合いで交際成立したのにデート日がなかなか決まらない…

ドキドキしながらお見合いをクリアしてめでたく仮交際になりました。しかし、ここからが本番です。お見合いまでの日程や場所の調整はすべてカウンセラーさん任せでしたが、いざ仮交際になったら、自分たちでデートする日を決めて、デートプランを考えなくてはなりません。楽しいデートにして結婚ま...... 続きを読む

おすすめ記事
コラム
#おすすめ記事
良縁会認定2023年度賞を受賞いたしました!

良縁会認定2023年度賞を受賞いたしました!

皆様に嬉しいご報告です。 ロックビレッジ婚活サロンは、昨年に続き、良縁会認定2023年度の「優秀ビジネス賞」「優秀仲人賞」「成婚優秀賞」を受賞いたしました! このような素晴らしい賞をいただけることを大変嬉しく思います。また当サロンに期待して入会...... 続きを読む

コラム
#おすすめ記事
理想の男性像の変化について

理想の男性像の変化について

結婚相談所の婚活で男性に求められることについて少し考えてみましょう。 *今は男女平等の時代で、結婚後も女性は仕事を続けることが当たり前の世の中になっています。そのためもあって家事、育児は妻と二人で平等にやるべきであって、これらをお手伝い感覚でいると批判されるこ...... 続きを読む