元ブライダル雑誌編集長が主宰、開業ウエディング業界専門の広告代理店として30年以上の実績を持つ企業の結婚相談所

ロックビレッジ婚活サロン
COLUMN
コラム
コラム

入会バブルを体験したい! 結婚相談所で申し込みが殺到するのはどんな人?

結婚相談所に入会して、3週間の間に、入会バブルと呼べる、申し込みが殺到する方がいます。

美しい女性、ハイスペック男性は言うまでもありませんが、それ以外にも、さまざまな条件が重なって、申し込みが殺到するのです。

申し込みが殺到する女性とは

やはり年齢が若いほうが有利

結婚相談所では、やはり若い女性のほうが有利と言われています。理由の一つに子供に関することがあげられます。

40代、50代の男性の多くは、これからでも自分の子供が欲しい、と入会してきますので、当然ながらお相手には子供が授かりやすい若い女性を希望することが多いです。

若い女性に人気が集まるのには、こうした背景があるのです。


チャーミングな印象

美しい女性、可愛い女性、おしゃれそうな女性、笑顔が素敵な女性・・・。やっぱりチャーミングな女性はいつでも人気で、写真から魅力がにじみ出ているような女性は、お申し込みが殺到します。

男性は、写真しか見ていない可能性が高いです(単純ですが、これが現実です・・・)。なのであなたの魅力が、最大限に表現されている、奇跡の一枚をプロフィールに載せましょう。

条件を細かく出さない

プロフィールには、お相手の条件を記入する欄があります。身長170センチ以上、大卒以上、年収500万円以上・・・など、あれもこれもと、希望条件を記載するのは、得策ではないです。

この女性は、かなりこだわって、男性を選んでいるな、と思われると敬遠されてしまいます。

例えば、年収1000万円超えの、身長169㎝の男性が、あなたを気に入ったとしても、身長170㎝以上と書いてあれば、お見合いを申し込んできません。

本音はさておき、プロフィールにわざわざ詳細に、希望条件を書いて、あなたが選べるはずの男性の幅を狭くする必要はありません。

 

申し込みが殺到する男性とは

年収が高いがやっぱり有利

男性は、ズバリ、年収です。それだけがすべてではありませんが、やはり年収の高い男性にお申込みが殺到するのは確かです。

そんなことから、結婚相談所の多くは、男性はプロフィール欄には年収を記載する決まりになっています。また、偽った情報を記載できない仕組みで、職業なども安定した職業の人が多く入会しています。

申し込みが殺到する職業は、年収が高い職業、医師、公認会計士、弁護士、一部上場企業勤務など、安定した収入をこの先長く得られる可能性のある男性には、当然人気は集中します。


30代までの男性

結婚相談所に登録している男性は、40代以上が、圧倒的に多いです。

男性は、何歳になっても子どもを授かれる可能性があるため、結婚相談所で本腰を入れて婚活しよう、と思うのが、40代前後になってからが多いのです。

その男性も、少しでも若いうちに婚活をスタートさせたほうが、有利です。その証拠に、30代の男性は、結婚相談所で、激モテします。30代女性ばかりか、20代の女性からもお申し込みが殺到します。


プロフィールの写真写りは大切

男性も、女性同様に、プロフィールの写真写りはとても大切です。「清潔感があり、優しそう」「さわやかで、彼と一緒なら楽しそう」など、性格が想像できて「この人に会ってみたい」と思ってもらえるような写真がよいです。

女性は、インスタや、学生時代からプリクラなどで、写真を盛って撮影することに慣れています。それに対して、男性は、写真慣れしていない、写真写りを気にしない、という方も多いです。

しかし、将来をのお相手を探すためのプロフィールなのです。プロフィール写真は、少しでもあなたの魅力が伝わるような写真にするため、必ず、専門の写真スタジオで素敵に撮影してもらいましょう。

 

申し込みが殺到させるにはまずはプロフィール作りから

プロフィールの写真

プロフィールなんて適当でいい、なんて思っていたら大間違いです。プロフィールを見てお相手の方から「会ってみたい」と思ってもらわなくてはなりません。

そのなかでも写真は、婚活において何よりも重要です。前の章でもお話しましたが、専門の写真スタジオで、プロのカメラマンに撮影してもらうことをおすすめします。また、どのカットを選ぶかも大事です。仲人さんと相談してベストカットを選びましょう。

専門の写真スタジオでプロのカメラマンに撮ってもらうことで、あなたが真剣に婚活に取り組んでいるというアピールにもつながりますので、ぜひともプロフィール写真には最大こだわってください。


プロフィール文

プロフィールでは、自分の人柄などをアピールする場なので、結婚相談所で活動するのにおいてプロフィールは重要になってきます。

結婚相談所のプロフィール欄に記入するとき、とりあえず項目を埋めていけばいいや、なんて思っていませんか。趣味がない、特段アピールするもの、自慢できるものがない、と記入することが苦痛になっている人もいることでしょう。

しかしよく考えてみてください。まったく知らないもの同士がお相手をみつけるための最初の判断基準がプロフィールなのです。

自分のことをちゃんと知ってもらいたい、と思って、充実した内容で丁寧にプロフィールを仕上げている人と、最低限の情報しか記載されてないスカスカのプロフィールを見たら、あなたはどちらを選びますか?

もうおわかりですよね。そうなのです。魅力的なプロフィール文を書くことは、たくさんの異性に出会えるチャンスが広がるということにもつながるのです。ぜひともプロフィール文には力を入れて書いてください。

といって一人でどうやって書いたらいいかわからない、という方もいらしゃると思います。そんなときは、仲人さんに相談してみてください。当サロンでは、魅力的なプロフィール作りのためのお手伝いをしますので、遠慮なく相談くださいね。


入会バブルを起こす裏ワザ

入会バブルとは、入会後3週間以内に起きる、お見合いお申込みラッシュのこと。婚活中の男女は、常に新しい会員で、良い方がいないか、チェックしているものです。

入会したばかりの会員は、目立つ位置に掲載されます。また、入会したてということは、婚活に対するモチベーションが非常に高いということ。

この入会したばかりの時期に、どれだけお見合いを組めるかが、婚活を成功させるカギとなります。

入会してから、かなりの時間が過ぎてしまった方は、仮交際中、お見合いセッティング中、お見合い申し込み中、の方がいないタイミングで、いったん退会させ、新規登録しなおし、もう一度、注目されるニューフェイスになることが裏技としてあります。

婚活を成功させるために、あらゆる作戦を駆使しましょう!

 

まとめ

結婚相談所の婚活は、入会したてがとても重要な時期となります。入会バブルと呼ばれる、新規会員だけに訪れる、お申込み殺到の時期は、結婚相談所の婚活において、貴重なタイミング。

結婚相談所のカウンセラーと、最高のプロフィールを作成し、希望条件に合う方と、積極的にお見合いしましょう。

▼関連コラム
知りたい! 婚活アラフォー男性は、お見合いはどのくらいのペースでするの?
気になるのは、結婚相談所に入会後の、お見合いのペース。お仕事のある日は、お見合はいなかなか難しいですが、休日には積極的にお見合いを組んでいきたいもの。ここでは、成婚率を高める、お見合いの頻度について…続きを読む

 

ロックビレッジ婚活サロンでは、結婚を真剣に考える方のために、当サロンを主宰する大屋優子がお見合いから成婚まで全力でサポートいたします。 初回無料相談のお申し込みや婚活マニュアルのご請求は、下記のフォームよりお気軽にお申し込みください。
 

オリジナル婚活マニュアル無料プレゼント!

●男性版
苦手意識を持っている男性が多い「LINE」の活用術を徹底解説しています。

男性版マニュアル


●女性版
誰からも好感を持たれる、モテジョ(女)になるための秘訣をご紹介しています。

女性版マニュアル

 

関連記事
コラム
#30代女性
30代女性は、女子会にうつつを抜かしている時間はない。一日も早く抜け駆け婚活を!

30代女性は、女子会にうつつを抜かしている時間はない。一日も早く抜け駆け婚活を!

30代になり、結婚もしたいけれど、女友達との女子会は楽しいし、仕事も趣味も充実。婚活を始めようと友達との会話にものぼる。ならば、友達と一緒に婚活を始めようかな・・・。それは、絶対にしてはならないこと! 婚活には女友達は不要です! 女友達と一緒...... 続きを読む

コラム
#コラム
【婚活を考える女性へ】結婚相談所に入ったら売れ残りと思われないか?

【婚活を考える女性へ】結婚相談所に入ったら売れ残りと思われないか?

「結婚相談所に入会している人って売れ残りばかりなの」のイメージで、どうしても結婚相手が見つからない最後の砦、のように思われているようですが、実際はどうなのでしょうか。 結婚相談所は本当に売れ残りばかりなの?その実態とは? ...... 続きを読む

おすすめ記事
コラム
#おすすめ記事
【婚活女性へ】お見合いは、手土産持参で好感度は抜群に上がる!

【婚活女性へ】お見合いは、手土産持参で好感度は抜群に上がる!

結婚相談所のお見合いは、ホテルのラウンジなどで行われることが多く、男性がわがそのお茶代のお支払いはする、のがルールです。 ですから、お茶代を女性は支払う必要はないのですが、代わりに気持ちばかりの手土産をご用意してみるのはいかがでしょうか。プレゼントをさりげなく...... 続きを読む