元ブライダル雑誌編集長が主宰、開業ウエディング業界専門の広告代理店として30年以上の実績を持つ企業の結婚相談所

ロックビレッジ婚活サロン
COLUMN
コラム
コラム

婚活のお金事情と貯金額は公開しなくてはならないの?

婚活女性が、男性に求めるスペックのいちばんは、ズバリ年収です。安定と安心した生活にはやはりお金は大切ですから、こだわるのは当然です。

結婚相談所のプロフィールには、男性の年収の記載は必須なので、収入額はもちろんわかりますが、貯金額の記載義務はありません。しかし、貯金額によってお金の使い方や価値観がみえてくるものですから、本当は貯金額は結婚前に知りたいのが本音なのではないでしょうか。

結婚にかかる費用

未婚男性の平均貯金額

冒頭にもご紹介しましたが、結婚相談所では男性の年収額は公開していますが、貯金額の公開の義務はありません。自分の資産を記載する場合、ご本人の意思のもと、ほとんどが「預貯金」「持ち家」などの記載方法です。

ここで未婚男性の貯金額をみてみましょう。

こんな結果になっています。平均値の場合、貯金額が極端に多い数字に引っ張られるかたちで影響を受けて、平均額が上がってしまいますが、中央値は、データを少ない順から多い順に並べて、ちょうど真ん中の数字をとっていますので、より実態に近い数字なのかもしれません。

結婚式

色々な考え方がありますが、通常、結婚に向けて費用が大きくかかる場面はいくつかあります。

まずは結婚式の費用です。招待する人数や規模、着用ドレスによって異なりますが、数百万円レベルではかかりますが、近年では、大々的な結婚式は行わず、親族だけの会食や、お写真だけは残しておきたい、ということで10万円からでも可能なフォトウェディングなどにするカップルもいらっしゃるようです。

新婚旅行

新婚旅行も場所にもよりますが、海外に行く場合は、かなりまとまった費用で、簡単には用意できる金額ではないので、計画的に旅行費用を用意しておいたほうがよいでしょう。

新生活

結婚後、二人で一緒に暮らすとなると、引っ越し代や入居費用などの費用がかかります。またこれまで実家暮らし、あるいは一人暮らしだったとしても二人用の家電を揃えなければならないので、あれこれ準備すると、かなりの金額になってきます。

結婚には何かとお金がかかりますね。そんな新婚世帯の新生活にかかる費用を補助してくれる「結婚新生活si園事業費補助金」というのがあります。

補助といっても新生活にかかる費用すべてではなくて、大きくは「新居の住宅費」と「新居への引っ越し費用」の2つです。

こうした制度を上手に利用してみましょう。※注意:助成金の受給対象と、結婚助成金の対象地域もあるようなので、事前にしっかりと確認してください。

失礼なく男性からお金の話を聞くにはどうしたらいい?

プロフィールには書かれてない金銭感覚

こうしてみると、本当にお金がいくらあっても足りない、と思うくらい結婚にはお金がかかりますよね。

将来、二人が結婚することになり、それにともなって大きなお金が必要になる場面が出てきたときに、男性がそれらに備えているか、気になるところだと思います。

ある芸能人同士の結婚で、妻の女性タレントさんが「彼の収入や貯金額、知らなかった」とコメントを聞いたことがあります。芸能人ならそれでもやっていけるのかもしれませんが、一般人の場合はそうはいかないと思います。やはりお相手の金銭感覚については知っておきたいですよね。

*結婚式、新婚旅行、新婚生活に必要なお金が用意できない
*見栄っ張りでお金を散財してしまう男性
*身の丈に合わない生活をしている人
*マイホームの購入計画がまるでできてない

こんな男性だったらこまりますよね。え、交際中、気軽にお金のことを聞いたり、貯蓄額を聞いたりもできないわけなのです。

次に、男性の金銭感覚やお金に対する価値観について、さりげなく聞き出す方法を考えてみましょう。

将来の結婚生活のイメージを聞いてみる

将来、描いている家庭のイメージを聞いてみましょう。

「結婚式について」
最近は、あまりお金をかけない結婚式も増えてきてますが、やはり一生に一度のことですし、家族などのまわりへの感謝の気持ちを伝える場として結婚式はぜひとも大切に考えてほしいことです。

とくに女性が初婚でちゃんとした結婚式をしたい、と望んでいるのなら、男性は叶えてあげるべきです。しかし、「結婚式にはあまりお金をかけたくない」などと、女性の気持ちを踏みにじるようなことを言う男性はちょっと気を付けたほうがよいかもしれません。

「どんな家庭にしたいのか?」
例えば、結婚したら、休日はあまりお金をかけないで家でのんびりとしたい、あるいはせっかくだから、旅行したり、外で美味しい食事を楽しみたい、なのか…。休日の過ごし方について聞くだけでも、お金の使い方が見えてくるはずです。

「どんな家に住みたいか?」
住む家には、その人の経済力や生活感が反映されますから、結婚前に確認したい最重要項目です。

都心がいいのか?郊外がいいのか?間取りは?いつ頃購入する?など、簡単に決断できることではありませんが、結婚する場合の住まいは大切なことなので、どのように考えているかを聞くだけでも、金銭感覚がみえてくると思いますよ。

普段の生活ぶりを観察してみる

まずは趣味を聞いてみましょう。仮にダイビングが趣味だという男性だったら、どれくらいお金がかかるか聞いてみましょう。もちろん、いきなり唐突な聞き方はNGです。

もし次のデートの日にちを決めるときに男性が「来週はダイビングに行くから別の日にして」なんて言ってきたらチャンス。「どれくらいの割合で行くの?」「そんなにしょっちゅう、行っているとお金も結構かかりそうだね」など、さりげなくお金の話にもっていけるように上手に聞いてみましょう。

あと、趣味以外では普段の食事について聞いてみましょう。普段、夕食は自炊もしているのか?お付き合いで外食ばかりでお金がかかっていそう…なのか?などはわりと彼の金銭感覚がわかりやすいのではないでしょうか。

ズバリ貯金額を聞いてみる

当サロンでも男性会員のほとんどは実際に、真剣交際まですすむと、女性からストレートに貯金額を聞かれることは多いです。

そのなかには、お相手女性会員から「思ったより貯金額が少ない」「その年齢でそれくらいしか貯金してないの」などの厳しいご指摘を受けて関係が壊れてしまうケースもありました。

お見合い初日で質問することはもちろんNGですが、真剣交際まですすんだのなら、貯金額を聞いても構いません。むしろ、お金の話はちゃんとして、お互いのお金に対する価値観を確認しておくことが大切です。

まとめ 〜大切なことだからこそしっかりと向き合って〜

お金のことはとてもデリケートなことだけど、将来のためにも結婚前に確認できることはしておきたい…。でもお金にうるさい人と思われたくないし…。

お気持ちわかります。とはいえ、安定した生活を送るため、そのうえ、子供が授かったら、育児、教育費用がさらにかかります。だからこそ面倒くさい、と思わずに、お金のことについてはちゃんと話し合っておくことが大切なのです。

そして女性のあなたも、男性に聞いたり求めるばかりだけになってはいけません。自分の金銭感覚や、どのようにお金を管理しているのか、また将来、〇〇したいと思っているから、そのためにこれくらい貯金をしている、など、自分自身のお金に対する考え方や使い方を話すことがとても大事です。

 

ロックビレッジ婚活サロンでは、結婚を真剣に考える方のために、当サロンを主宰する大屋優子がお見合いから成婚まで全力でサポートいたします。

オリジナル婚活マニュアルを無料で、下記より簡単にダウンロードいただけます。また初回無料相談も、お気軽にお申込みください。

オリジナル婚活マニュアル無料プレゼント!

●男性版
苦手意識を持っている男性が多い「LINE」の活用術を徹底解説しています。

男性版マニュアル


●女性版
誰からも好感を持たれる、モテジョ(女)になるための秘訣をご紹介しています。

女性版マニュアル

 

 

関連記事
コラム
#コラム
LINEを制するオトコは婚活を制する!

LINEを制するオトコは婚活を制する!

男性は、文章を書くのが苦手、というかた、少なくありません。ですが、婚活中は、LINEのやり取りが二人の関係を近くも遠くもします。今では、LINE代行業者もいたりして、いかにLINEが人間関係において大事な役割かを感じます。 いつお見合い相手と...... 続きを読む

コラム
#コラム
結婚相談所の出会いで始まった婚活・・・結婚の決め手はコレでした!

結婚相談所の出会いで始まった婚活・・・結婚の決め手はコレでした!

婚活女性が、結婚相談所で婚活をスタートさせ、結婚した決め手は何だったと思いますか? 先輩カップルの意見調査から、幸せな結婚生活が見えてきました。 条件が合っている 自分の絶対に譲れない条件を満たしている ...... 続きを読む

おすすめ記事
コラム
#おすすめ記事
良縁会認定2023年度賞を受賞いたしました!

良縁会認定2023年度賞を受賞いたしました!

皆様に嬉しいご報告です。 ロックビレッジ婚活サロンは、昨年に続き、良縁会認定2023年度の「優秀ビジネス賞」「優秀仲人賞」「成婚優秀賞」を受賞いたしました! このような素晴らしい賞をいただけることを大変嬉しく思います。また当サロンに期待して入会...... 続きを読む

コラム
#おすすめ記事
理想の男性像の変化について

理想の男性像の変化について

結婚相談所の婚活で男性に求められることについて少し考えてみましょう。 *今は男女平等の時代で、結婚後も女性は仕事を続けることが当たり前の世の中になっています。そのためもあって家事、育児は妻と二人で平等にやるべきであって、これらをお手伝い感覚でいると批判されるこ...... 続きを読む