元ブライダル雑誌編集長が主宰、開業ウエディング業界専門の広告代理店として30年以上の実績を持つ企業の結婚相談所

ロックビレッジ婚活サロン
COLUMN
コラム
コラム

後悔しないためにも結婚前に確認しておくこと

真剣交際にすすむと、結婚がいっきに現実味を帯びてきます。そして結婚生活は、これまでのような素敵なキラキラデートばかりでなく、日常の連続ですので、現実的な話だってしなくてはなりません。

貯蓄はどれくらいあるのか?、結婚後に住む場所、子供についてはどう考えているのか、あるいは今すぐでなくても、将来的には親の介護問題だって出てくるはずです。

聞きたいけど聞きづらいことって結構ありますよね。でも聞かないまま結婚して後悔だけはしてほしくありません。別々の世界でそれぞれ生きてきて出会ったのですから、まったく考えや意見が一致しないのが普通です。そのギャップをどうやって埋めていくのか、話し合うことで歩み寄り、着地点を二人で見つけられるのかが大切なポイントになってきます。

結婚前に確認しておいたほうがよいこと

お金のこと

やはり、お金については現実問題として避けて通れない大切なことです。主に確認することは以下の4つです。

*お互いのお給料
*貯金額
*借金の有無
*結婚生活の家計について

結婚後の家計の管理はどちらがするのか、また家の購入、子供が生まれた場合の教育費用など…、あまりにも二人の価値観にずれがあった場合、結婚してもうまくいかないので、結婚前に確認しておく必要があります。

様々な揉め事の多くは、やはり「お金」のことです。高い年収額のわりに貯金が少なかったりすると、金遣いが荒い?と思ったほうがよいかもしれません。年収額も大切ですが、お金の使い方、価値観のほうが問われると思いますので、お互いにしっかりと話し合っておきましょう。

子供・育児について

子供を望むか望まないかは、結婚生活に影響する最重要項目の一つです。

*子供が好きかどうか
*望む場合、すぐに欲しいのか?もしくはしばらくは二人の生活を満喫したいのか?
*自然妊娠が難しい場合、不妊治療についてどう思っているのか?
*どのように子育てをしたいのか?
*子供が生まれたら、育児の分担について

今は生き方が多様化しているので、子供を持つ、持たない、などの色々な考え方や選択肢があります。もし子供が欲しいと思っても授からない場合だってあります。そうしたことを想定して話し合っておかなくてはなりません。

もし、無事に授かったとしてもその後の子育ての方針で意見がわかれるかもしれません。将来、大学までちゃんと行かせたいので教育費用はしっかりと貯えておきたい、いや、本人の意思に任せよう、何も今からあまり細かいことはいいんじゃない、なのか、色々な意見があると思いますが、自分の生育環境や経験もお互い出し合って、意見を交わしておくことが大切です。

結婚後に住む家について

結婚後、どこに住むのか、家を購入するのか?もしどちらかが地方出身の場合、将来的には地元に戻るのか、など、結婚後の生活スタイルに影響を及ぼす家のことも結婚前に話しておきましょう。

夫婦共働きの場合、二人の職場に通いやすい場所はどこなのか、子供が授かったら、どのような環境で育てたいのかも大切ですね。

仕事について

生活を支えるための仕事についても確認しなくてはならない大切なことです。とくに転勤の可能性がある仕事の場合、もし転勤が決まったら、家族も一緒に行くのか?、単身赴任なのか?確認しておきましょう。

また、共働きするか否かで、世帯収入も変わってくるので、よく話し合っておきましょう。

家事の分担について

数ある家事のなかで、「料理」「掃除」「洗濯」はほぼ毎日繰り返し必要な代表的な家事です。共働きの場合、女性の負担が多くならないように、結婚前に家事のやり方などについてしっかりと分担を決めましょう。

加えて子供が生まれたら、さらにもっと大変です。ミルクを飲ませて、オムツを変えて、お風呂に入れて寝かしつけ。これらすべて一日だって休むことができないことばかりです。

育児分担については、もう少し先の事かもしれませんが、とにかく家事分担は、一緒に暮らすようになって妻一人の負担になることがないように、結婚前にしっかりと役割分担をしておきましょう。

両親・親戚付き合いについて

両親や親戚とのお付き合いや交流頻度も事前に確認しておいたほうがよいでしょう。ある女性から聞いた話では、結婚後、仕事がお休みの週末ごとにお姑さんが息子の顔を見たさにやってくるので、せっかくの休日なのに気が休まらない、なんて話を聞いたことがあります。交際中にそれとなく両親との接し方や人柄についても確認しておきましょう。

病気や身体のこと

結婚相談所の一つの基準として、例えば命にかかわる病気を治療中の場合は、お見合い前にお相手のみにお伝えしておいたほうがよいのですが、命に別状がない病気、例えば女性特有の婦人科系疾患は、お見合い前に申告の義務まではありません。

しかし、子供の有無にはかかわってくるので、とくにお相手が子供を望んでいる場合には、どこかでお伝えする必要があります。

男性は婦人科系疾患の症状や治療についてはわかりづらい部分もあります。とてもデリケートなことですし、伝えるタイミングも難しいので、女性のほうは一人で悩まないで、カウンセラーさんに相談してください。

あと、不妊の原因については女性にフォーカスされやすいのですが、今は原因の半分は男性にもあると言われていますので、結婚前にブライダルチェックをすることをおすすめします。

▼ブライダルチェックについてのブログはコチラ↓
結婚、妊娠したい人のブライダルチェック
皆さん、ブライダルチェックってご存じですか? 結婚、妊娠を控えていらっしゃる方を対象に、妊娠、出産に影響を及ぼす疾患がないかの検診です。ブライダルチェックは女性だけに限ったことではなく、男性にも考えていただき、自分の体に向き合うことの大切さやその後の二人のライフプランについて、考えるきっかけになっていただければと、ブログ記事にまとめました。ぜひともご覧ください。

 

一緒に過ごすときの居心地について

手を繋いだときの気持ち(とくに女性)

成婚退会までセックス禁止の結婚相談所において、手を繋ぐというのはとても大切なスキンシップです。何回目のデートで、という明解なルールはありませんが、真剣交際にすすんでもいいかな?と思ったら、仮交際期間中に手を繋いでみることをすすめています。

手を繋いだときの、感覚はとても大切で、手の平の温度や触り心地はどうでしょうか。理性ではなく、本能的にずっと手を繋いでいたい、という安心感や心地よさがあればとても相性が良いほうだと思います。

お相手の欠点をどこまで受け入れることができるかどうか

お相手の性格でどうしても気になるところがある、自分とはちょっと感覚が違うかも…というのは、交際を重ねていくなかで、出てくるのはある意味仕方がないのかもしれません。

例えば、物事をきっちりと細かく決めておかないと嫌、という性格のあなたとは反対に、お相手のほうはというと、こだわりがなさすぎののんびりやさん、何でも杓子定規なあなたからするとイライラしてしまう、という場合。

ちょっと見方を変えると、お相手の方はとてもゆったりとおおらかで優しい人と考えてみるとよいかもしれません。お相手のそうしたイライラ部分が、自分のなかで受け入れられる範囲のものかどうかは結婚を決めるうえでの鍵にもなります。

誰にだって長所があれば欠点があります。お互いの長所は認めて尊重し、欠点は補いあえる関係になれると素敵ですよね。

一緒にいて居心地が良いと思えるか?

二人一緒にいて居心地の良さが感じられるか、自然体でいられるか…。様々な条件をクリアしたとはいえ、最後はやはり「一緒にいて落ち着く」「安らげる」こうした気持ちを感じることができる関係性が大切です。こう思える人と出会えることはとても幸せなことです。

相手に気を使いすぎて、言いたいことが言えなかったり、反対に求めすぎて不満が募ってしまい、関係がギクシャクしてしまったら、それはとても悲しいことです。

お互いを尊重しあい、理解しようとする気持ちをもつことで、思いやりも生まれ、信頼関係が強くなるのではないでしょうか。

まとめ 〜チェック項目をいっきに確認しよう!なんて思わないこと〜

一般的には、結婚相談所の婚活は短期間が基本なので、とくに真剣交際にすすんでから結婚までいっきにすすみますから、カウンセラーの先生からも、「聞いておきたいことや確認しておきたいことはない?」あるいは「こういうことは確認しておいたほうがいいわよ」などのアドバイスがあるのが普通です。

上記のチェック項目すべてをクリアしようと躍起にならないでください(笑)。もちろん、これだけは確認しないと結婚できない!というのは確認はしたほうがよいですが、その場で納得できる回答が得られなくても「あっ、そういう風に考えているんだ…」とおおらかに受け止めてくださいね。その場で納得できなくても、二人で話し合いながら、答えをみつけていけばよいのですから。

やはり二人がなんでも話し合える関係性というのがいちばん大切なので、話し合う時間はどんどんつくるようにしてください。相談をもちかけても、お相手が話し合いに応じなかったり、目を背けようとする場合は、ちょっと考えたほうがよいかもしれません。

成婚して幸せに暮らしているカップルの多くは、短期間の婚活だからこそ、意識してまめに連絡を取り合い、コミュニケーションを大切にしている人たちばかりです。

▼ロックビレッジ婚活サロンでご成婚された方の幸せカップルレポートです♥
成婚された方のHappy Wedding Report
どのようにして素敵なお相手と出会ったのか、ご成婚までのエピソードをインタビューしました。

 

ロックビレッジ婚活サロンでは、結婚を真剣に考える方のために、当サロンを主宰する大屋優子がお見合いから成婚まで全力でサポートいたします。

オリジナル婚活マニュアルを無料で、下記より簡単にダウンロードいただけます。また初回無料相談も、お気軽にお申込みください。

オリジナル婚活マニュアル無料プレゼント!

●男性版
苦手意識を持っている男性が多い「LINE」の活用術を徹底解説しています。

男性版マニュアル


●女性版
誰からも好感を持たれる、モテジョ(女)になるための秘訣をご紹介しています。

女性版マニュアル

 

 

関連記事
コラム
#40代女性
アラフォー女性婚活の現実

アラフォー女性婚活の現実

婚活市場でとくに難しいと言われる年齢層があります。アラフィフ男性(50代)とアラフォー女性(40代)です。 アラフィフ男性は自分の子供が欲しいと思い、そのために子供を産める確率の高い30代前半から人によっては20代の女性にまで申し込んだりするのです。しかし20...... 続きを読む

コラム
#婚活
婚活女性がお相手に「違和感」を感じたら、どうやって交際していくべき?

婚活女性がお相手に「違和感」を感じたら、どうやって交際していくべき?

「違和感」とは、居心地が悪い、今まで感じたことのないちぐはぐさ・・・などを指しますが、違和感とは、これまであなたが生きてきた経験から感じることですから、この感覚を感じる相手と出会ったら、どのようにお付き合いを進めたらよいか、このブログではお話しします。 ...... 続きを読む

おすすめ記事
コラム
#おすすめ記事
良縁会認定2023年度賞を受賞いたしました!

良縁会認定2023年度賞を受賞いたしました!

皆様に嬉しいご報告です。 ロックビレッジ婚活サロンは、昨年に続き、良縁会認定2023年度の「優秀ビジネス賞」「優秀仲人賞」「成婚優秀賞」を受賞いたしました! このような素晴らしい賞をいただけることを大変嬉しく思います。また当サロンに期待して入会...... 続きを読む

コラム
#おすすめ記事
理想の男性像の変化について

理想の男性像の変化について

結婚相談所の婚活で男性に求められることについて少し考えてみましょう。 *今は男女平等の時代で、結婚後も女性は仕事を続けることが当たり前の世の中になっています。そのためもあって家事、育児は妻と二人で平等にやるべきであって、これらをお手伝い感覚でいると批判されるこ...... 続きを読む