元ブライダル雑誌編集長が主宰、開業ウエディング業界専門の広告代理店として30年以上の実績を持つ企業の結婚相談所

ロックビレッジ婚活サロン
COLUMN
コラム
コラム

結婚相談所で結婚できない男性の一番の原因は「高望み」

結婚相談所に入会して一生懸命婚活してもなかなか結婚できない男性がいます。彼らの結婚できない最大の原因は「高望み」。結婚への理想や憧れを抱くことは大切ですが、気が付くとあれもこれも…とたくさんの条件を並べてしまうのです。

まずはご自分のスペックと照らし合わせて、客観的に考えることができなければ、結婚はおろか、お見合いすら組めません。

どんな「高望み」をしているの?

若くてかわいい20代の女性にしか興味がない

自分はもう40歳に手が届きそうなのに、気分は20代のまま。結婚できなかったわけではなくて、なんとなく結婚しないでここまで歳を重ねた男性にありがちなのは、20代のかわいい女性にしか興味がないことです。

言うまでもなく、婚活市場で20代の女性は、人数が少ない分、非常に人気があります。20代で、容姿端麗な女性は、年収高く、学歴高い男性をよりどりみどり。40代前後の普通の男性では、お見合いを組むのも大変です。

また、20代でなくとも、自分より10歳以上若い女性を希望される男性も高望みの自覚をもってください。実際に結婚している夫婦の年齢差は二歳以内程度が多いというデータもあります。ご自分の年齢に近い方でないと、現実味がありません。

希望条件が多すぎる

結婚相手に理想を抱くこと自体、悪いことではありません。しかし、あれもこれも条件を掲げては上から目線で女性を選ぼうとする男性がいます。では、とくに多く聞かれる男性の希望条件をご紹介しましょう。

*妻になる女性には料理上手で家庭的であってほしい
結婚相手の女性には仕事は辞めて家庭に入ってほしい、とかつては女性に望む時代もありましたが、今や共働きを希望する男性のほうが多くなりました。実際にカウンセラーとして男性会員と話をすると、高年収の男性でも女性には働いてほしいと希望しています。時代の移り変わりなのでしょう。女性自身も社会と関わっていたい、自分で稼ぎたい、と普通に思うようになりました。

となると家事分担は平等でなくてはなりません。家事は女性の仕事だから…など、いまだに古い考えの男性がいますが、仕事をしたうえでなおかつ、家の中のことをしっかりとこなしてほしい、というのは男性の自分勝手です。ぜひともあらためてください。もちろん、得手不得手があると思うので、奥さまが料理をして、その分掃除などのほかの家事は旦那様がやるなど、家庭内で役割分担してみましょう。あるいは平日は奥さまが家事負担が多い場合、その分週末は旦那様が頑張って家事をやるなどでもよいかもしれません。とにかく家のなかのことは二人でやる、という意識が大切なのです。

それ以外にもたくさんの希望をあげる男性がいます。「結婚してからも外見に気を使って綺麗でいてほしい」「価値観があう」「一緒にいて安らげる」…。あげたらきりがありませんね。

確かにこれだけの条件が揃った女性が目の前にいたら、さぞかし心を奪われてしまうでしょう。しかし、よく考えてみてください。好条件になればなるほど、自分もその条件に見合った男性でいなくてはならないのです。女性の多くを求めすぎるとその反動で男性も大変な思いをすることになるのです。

いちばんの問題は「理想が高すぎる」ということに気付いてないこと

前の章の続きになりますが、「僕は別に多くを望んでいるわけではないよ。優しくて気立てがよく、お料理が上手で家庭的。子育てと仕事を両立しながら、生き生きと輝いている女性だったらいいな」と、簡単に言う男性がいます。一見、普通の女性像にもみえますが、女性のなかには見えないプレッシャーを感じる人もいるはずです。

まず、希望のところに「お料理」「家庭的」などのワードが入ってくるというのは、まず家事はそつなくこなしてほしい、と男性の願いが込められています。女性だからこれくらいできて当たり前、という男性の独りよがりな考えが知らず知らず、理想の女性像として蓄積されるでしょうが、そのことで女性にプレッシャーを与えていることに男性は気付かないのです。

「高望み」をしないで気を付けるコトは?

これだけは譲れない条件一つに絞りましょう

若くて、美人で、気が利いて、家事がうまくて・・・。そりゃあ、理想の女性はすてきなかたに決まっていますが、当然ながらライバルが多いのが現実です。

ですから、あなたは、あれもこれも…とたくさんの条件を並べるのではなく、これだけは絶対に譲れない!という一点に絞ってみましょう。

たとえば・・・「初婚のかた限定」「授からないかもしれないが、子供を望むかた」「自分と同じ出身地の方」など、絶対に譲れない条件が一つだけならば、高望みではなく、その希望にかなう出会いに焦点をあてて、お相手を一生懸命探せば良いことです。 

自分を受け入れてくれる女性から選ぼう

お見合いできる確率は、20代でも10人に一人ですから、40代前後の男性ともなれば、お見合いを受けていただけることは、大変ラッキーなことです。あなたと会ってみても良いかな~と思って、あなたを受け入れてくれた女性なのです。

反対にあなたにお見合いを申し込んでくれた女性も、おそらくあなたと会ってどんな人かお話ししてみたいと思ってくれているわけなのです。ですから貴重な出会いだということを忘れないで大切にしてほしいのです。もしプロフィールを見て、あまり好みじゃないな~と思っても、この機会をチャンスと捉えてまずは会ってみましょう。

お話ししてみたら、写真よりすてきな女性だった、とかフィーリングが合いそう、とか良い部分を発見できるかもしれません。自分の好みじゃない、と選り好みしないで出会いの幅を広げましょう。

自分の立ち位置を自覚する

少し厳しいことをいいますが、自分が理想する女性の相手に相応しい男性かどうか考えてみたことありますか? 自分の年齢、外見、年収などはどうでしょうか? 人間は完璧ではありません。欠点や弱点だってあるはずです。

ちょっとだけ立ち止まって自分のことを振り返ってみましょう。自分が今どういう立ち位置なのか、あるがままの自分を受け入れる、確認作業も大切ですよ。

無駄な高望みをするより、等身大の幸せを掴んで

高望みは時間の無駄使いと認識しよう

お見合い組めない、あるいはお見合い組めてもお断りされる可能性のある、高望みの女性ばかりに時間を割いて、時間を無駄にしていることに気が付きましょう。

いやいや、僕は普通の女性を求めているだけで、高望みなんかしてないよ、そうおっしゃる方もいるかもしれません。普通の適齢期の女性で、普通のルックスで、普通に家事もできて・・・。

いやいや、ちょっと待ってください。あれもこれもいくつもの「普通」を望めば、それは立派な「高望み」になってしまうことをもう一度確認してください。

自分のプロフィールをもう一度見直し、あなたを受け入れてくれる女性とのご縁を探すために、条件の幅をぐっと広げてみましょう。

目標は恋愛ではなく結婚!再認識しよう

あなたは、結婚するために結婚相談所に登録したのですよね。では、ちょっと逆の発想で、あなたが結婚したい女性ではなく、あなたと結婚したい女性像を考えてみませんか?

その女性は、あなたと結婚したいと思っています。
*あなたとの年の差は近い
*趣味が合いそう
*仕事など共通点がある
お相手の女性が、あなたに興味を持ってくれそうな女性はどのかたか。どんな女性だったらあなたを選んでくれるでしょうか。システム一覧から、女性の立場で一度考えてみませんか?

目標は、一生のパートナーを見つけることです。ともに、人生を生きていく同志を見つけることです。共感でき、共有できることがたくさんある女性と、結婚することが目的です。

カウンセラーに相談してみましょう

あなたに相応しいお相手に出会うために、カウンセラーの存在も欠かせません。カウンセラーはあなたが幸せになるための協力は惜しみません。自分の高望みになってないか、客観的な目でアドバイスをくれるはずです。

カウンセラーさんの言葉に素直に耳を傾ける気持ちをもつことは、婚活を成功させるポイントですよ。

まとめ 〜まずは自分を客観視することが大切〜

いかがでしたか? 自分の高望みに気が付かず、なんで自分は結婚できないんだろう、と悩む男性は多いものです。まずは自分を客観的に見て、どんな女性が自分と結婚したいかを考えると、答えは見つかるかもしれません。

ロックビレッジ婚活サロンでは、結婚を真剣に考える方のために、当サロンを主宰する大屋優子がお見合いから成婚まで全力でサポートいたします。

オリジナル婚活マニュアルを無料で、下記より簡単にダウンロードいただけます。また初回無料相談も、お気軽にお申込みください。

オリジナル婚活マニュアル無料プレゼント!

●男性版
苦手意識を持っている男性が多い「LINE」の活用術を徹底解説しています。

男性版マニュアル


●女性版
誰からも好感を持たれる、モテジョ(女)になるための秘訣をご紹介しています。

女性版マニュアル

関連記事
コラム
#おすすめ記事
婚活は物件探しと似ている?

婚活は物件探しと似ている?

ある女性会員さんからの声です。賃貸マンションを探そうとしてサイトで情報を集めていました。 *家賃 *駅から近いアクセス至便なところ *日当たりがよい *築年数が新しい *部屋が広い・・・ 条件をあげたらキリがないですね(笑) 予...... 続きを読む

コラム
#30代女性
「女性余り」が婚活の現実。婚活勝者になるためには、積極的な行動が必要!

「女性余り」が婚活の現実。婚活勝者になるためには、積極的な行動が必要!

2040年には、人口の半分が独身になってしまうと言われている日本では、人口は男性のほうが多いのに、婚活市場においては、女性1.5人に対して男性1人。 つまりは、女性が余っているのですから、競争率があがるのは当然。レディファーストなんて、優雅なことを言っている場...... 続きを読む

おすすめ記事
コラム
#おすすめ記事
良縁会認定2023年度賞を受賞いたしました!

良縁会認定2023年度賞を受賞いたしました!

皆様に嬉しいご報告です。 ロックビレッジ婚活サロンは、昨年に続き、良縁会認定2023年度の「優秀ビジネス賞」「優秀仲人賞」「成婚優秀賞」を受賞いたしました! このような素晴らしい賞をいただけることを大変嬉しく思います。また当サロンに期待して入会...... 続きを読む

コラム
#おすすめ記事
理想の男性像の変化について

理想の男性像の変化について

結婚相談所の婚活で男性に求められることについて少し考えてみましょう。 *今は男女平等の時代で、結婚後も女性は仕事を続けることが当たり前の世の中になっています。そのためもあって家事、育児は妻と二人で平等にやるべきであって、これらをお手伝い感覚でいると批判されるこ...... 続きを読む