元ブライダル雑誌編集長が主宰、開業ウエディング業界専門の広告代理店として30年以上の実績を持つ企業の結婚相談所

ロックビレッジ婚活サロン
COLUMN
コラム
コラム

結婚相談所にはイケメンなんていないのか? アラサー女性の婚活道

アラサー女子の気になる点は、結婚相談所に果たしてイケメンはいるのかどうか?

ハイスペックなイケメンはいるわけがない!なんて思っていらっしゃる、婚活女性に、結婚相談所に在籍している男性の詳細をお話します。

結婚相談所にハイスペックなイケメンはいるのか?

ハイスぺ&イケメンの定義

そもそも、アラサー女性にとってのハイスペックなイケメンとはどんな男性でしょう。

有名大学ないしは、最低でも地方の国立大学を卒業し、誰もが知っている一流企業にお勤めで、年収は600万円以上、身長は175センチ以上のイケメンで性格が良いアラサー男性、というところでしょうか。

これらすべてが揃った男性は、とっくのとうに、頭が良い計算高い女性に狩られています。結婚相談所に登録している男性についていえば、上記のすべてが揃っていたとしても、残念ながら何かがあります。

例えば、親と同居がマストであるとか、家族に何かの事情があるなど、疑ってかかってまずは間違いないと思います。

プロフィール上では確かにイケメンは存在する

でも、結婚相談所には数万人の会員が在籍しているので、なかにはいるんです。ハイスペックなイケメンが数人。

ほれぼれする容姿、職業も収入も申し分なし。なのになぜ、今までご縁がなかったの?と思うような男性がちらほらといます。

当然ながら、アラサーのハイスペックイケメンは、婚活市場において一番高い位置に存在する王様です。20代の女性からもひっぱりだこですし、女性側が医師などの高い地位の方からもオファーがあります。モテまくりの存在です。

普通のアラサー婚活女性が、お見合いを申し込んだところで、一瞬で玉砕すると覚悟してください。もちろん、お見合いを申し込むのは自由ですから、東大を受けるような記念受験のつもりで、お申込みすることを、仲人さんは応援してくれると思います。

ハイスぺ&イケメンと結婚したいなら

20代のうちに結婚相談所に加入してください! これが一番の近道です。

いくらお美しいかたでも、若さにかなうものはありません。アラサー女性は、一日でも若いうちに登録することが、理想の結婚相手、イケメンに巡り合うコツなんです。

すでにアラサーはまぎれもない事実。それでもハイスぺ&イケメンと結婚したいなら・・・全力で美しいプロフィール写真を撮影することと、ブラッシュアップされたプロフィール文を掲載することです。このプロフィール文の行間から、美しさや知性がにじみ出るようなものを仕上げてイケメンの心を掴んでください!

 

お見合い市場におけるイケメンとは

イケメンからの申し込みを待つ

イケメンと結婚したいと心の中で叫んでいても、傷つくのが怖くて自分からはお見合いを申し込めない。ひたすら、お見合いのお申し込みを待ち続ける・・・。

これ、絶対にうまくいかないパターンです。結婚相談所でイケメンと結婚している女性は、みなさん自分から積極的にお見合いをお申込みしています。断られても、断られても、ひるむことなく次々に申し込みます。

結婚相談所には、数万人の男性がいるんです。待ってるだけじゃもったいない。ダメなら次に行けばいいんです。だって、二度と会うことのない相手ですよ。お見合いを断られることに、びくびくする必要なんかないんです。これぞ、結婚相談所のお見合いです。

何か一つ秀でていたらイケメン!

結婚相談所における正しいイケメンの定義とは・・・。

「高学歴」「高身長」「高収入」「美男子」「資産家」「資格持ち」・・・など、何か一つでも秀でたものがあれば、立派なイケメンです。

そういう意味では、多くのイケメンが結婚相談所に存在します。

プロフィール写真では、ちょっと野暮ったく撮れてしまっているけど、実物はもっとカッコいい人もたくさんいます。普段着慣れないスーツのせいで、表情が硬くなってしまっている男性もいます。

また、プロフィール欄をほとんど埋めていなくて、アピールポイントが見えない男性もいますが、実はイケメン要素はあるんです。 

プロフィールの裏に隠れたイケメンがいる

プロフィール欄に、自分の資産状況などを書くことを、かっこ悪いと考えている精神的イケメンは、どんなにご実家がリッチなセレブでも、プロフィールには記載しません。

小学校から、エスカレーター式のいわゆるおぼっちゃま学校を卒業した男性も、最終学歴が大卒、とあるだけで、小中高を記載しないので、この男性はかなりの有望株です。

プロフィールには、男性の一部分しか記載されてないのです。

この裏に隠れたイケメンを仲人さんと一緒に探すのも、結婚相談所の婚活の楽しみです。

 

現実にお見合いできる男性は?

現実にお見合いするのはこんなタイプ

アラサー女性が、実際にお見合いするのは、年収400万程度の穏やかな男性、もしくはかなり年上の高年収の男性、といったところでしょうか。

相手の所得にどうしても譲れない女性は、年齢の高い方とも積極的にお見合いすべきですが、所得にこだわりすぎないのなら、前者の年収400万円程度の男性からイケメン度合いを探りましょう。

自分のマインドを変えられたら幸せ

アラサー女性は、自分より先に結婚した友人の旦那さんよりも良い大学を出ている人、良い会社に勤めている人、良い場所に住んでいる人・・・などお友達に自慢できるような相手と結婚したいと考えるのは当然です。

結婚相談所に入れば、条件から相手を探せるんじゃないかと思うのは当たり前。でも、何もかもが、お友達より秀でている男性を見つけることは、結婚相談所でも、会社でも、合コンでも、どこに行っても出会えません。

まずは、自分が男性に対してこだわりたい条件を一つに絞ってみましょう。その一つでも、すてきでしょ! すごいでしょ! と思える男性と出会えたら、こんなにステキなことはありません。 

幸せになれる相手はたくさんいる

結婚相談所にはイケメンなんていないのか? その答えは、「いいえ、結婚相談所にはたくさんのイイ男がいます」です。

結婚したい、という同じ目的を持ち、独身証明や収入証明などの提出をしている男性と、安心して出会えるのは、合コンでも婚活アプリでもなく、結婚相談所だけです。

アラサー女性が、イケメンと出会い、一日も早く幸せになるために、結婚相談所の出会いを大いに利用しましょう。

 

まとめ

結婚相談所には、入会審査が必要なため、平均点以上の男性が加入しています。なかには、イケてない、好きに絶対になれそうもない男性もいると思いますが、磨けば光るダイヤモンドの原石のような男性がたくさんいます。

結婚相談所にイケメンなんていないと、誰が言ったかそれは都市伝説。婚活市場にいる、優れたイケメンを私たちと一緒に探してみませんか?

ロックビレッジ婚活サロンでは、結婚を真剣に考える方のために、当サロンを主宰する大屋優子がお見合いから成婚まで全力でサポートいたします。

オリジナル婚活マニュアルを無料で、下記より簡単にダウンロードいただけます。また初回無料相談も、お気軽にお申込みください。

オリジナル婚活マニュアル無料プレゼント!

●男性版
苦手意識を持っている男性が多い「LINE」の活用術を徹底解説しています。

男性版マニュアル


●女性版
誰からも好感を持たれる、モテジョ(女)になるための秘訣をご紹介しています。

女性版マニュアル

関連記事
コラム
#お見合い
女性との会話が苦手な40代男性が、お見合いでの会話が盛り上がるコツ

女性との会話が苦手な40代男性が、お見合いでの会話が盛り上がるコツ

お見合いの席での会話が盛り上がらず、沈黙の時間が流れて居心地が悪くなる…。女性との会話がどうも苦手、自信がない…そんなお気持ちよくわかります。 しかし、大切なのは、あなたの誠実な人柄や優しい性格がわかってもらうための会話であって、決...... 続きを読む

コラム
#おすすめ記事
自分のことを好きになると、良いご縁に恵まれるって本当?

自分のことを好きになると、良いご縁に恵まれるって本当?

結婚相談所で、一生懸命婚活しているのに、出会った人を好きになれない。あるいはせっかく好きになっても反対に断られてしまう…なんてことありませんか? そんな八方塞がりの状態で、なんで私はこんなにツイてないんだろう、と自分のことを嫌になってしまうことがあると思います。...... 続きを読む

おすすめ記事
コラム
#おすすめ記事
IBJ特集企画「再婚・再々婚」の成婚豊富な相談所でご紹介されました!

IBJ特集企画「再婚・再々婚」の成婚豊富な相談所でご紹介されました!

IBJ加盟店4000社を超える中から、なんとロックビレッジ婚活サロンは「再婚・再々婚の成婚実績が豊富な相談所」の上位200社に選んでいただきました。これは会員様お一人おひとりの日頃からの婚活の前向きなお取り組みによる成果だと思います。 ※2023年5~2024年4月で「婚姻歴あり」の会員の...... 続きを読む

コラム
#おすすめ記事
結婚相談所の婚活女性の距離を縮めるコツ

結婚相談所の婚活女性の距離を縮めるコツ

結婚相談所のお見合いで会った男性との距離を近くするために、男性任せにしている婚活女性は、もったいないです。とはいえ、「女性の自分から積極的に動くのは・・・」と躊躇する気持ちがあったり、結婚したい気持ちが強すぎるあまり男性にひかれてしまう女性も一部にはいます。ここでは、正しい仮...... 続きを読む